企業保健師の役割

企業保健師の役割

保健師として働く人はたくさんいますが、その内容は働く場所によって異なります。
企業保健師と呼ばれる保健師は、企業メインに保健指導を行っていきます。
企業で働く社員の人たちが自分で健康管理ができるようになったり、
労働者として健康的にしっかり働くことができるように、企業や社員に向けて指導やサポートをします。
近年、企業保健師の働き役割にも少し変化があり、今までよちもメンタル的ケアなどが増えてきています。
今までは働いているときの急病やケガなど突発的事故があった場合に、
その手当てなどに関しての指導をすることが多かったようですが、
近頃は社員の人のメンタルケアが大きな割合を占めています。
人間関係が難しくなり、ストレスからくる鬱などの症状を訴える人が多くなり、
その人への指導やサポート、このような状態にならないように企業側に労働の改善を促進するなどが保健師の役割になってきています。
企業で働く社員の人たちの肉体的や精神的な指導に管理やサポートいろいろと求められるようになり、
保健師のニーズはますます広がっています。
メンタルケアを積極的に考えている企業では、保健師を募集しているところも多く、
これから企業保健師の役割も多くなってくるのではないでしょうか。

 

保険の見直し
保険を見直せば日本の景気が良くなる?